ドラマ

なつぞら第151回「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」のあらすじネタバレ!

Pocket

こんにちは!

まりりんです^^

なつぞら第151回「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」のあらすじネタバレ感想です。

Sponsored Link

じーちゃん、90歳

昭和50年3月。

優が小学校入学のために十勝の富士子が東京になつを手伝いに上京してきていました。

富士子は、最近十勝のじーちゃんが元気がないんだよねっと話す。

もう90歳にもなったし、医者にも少し診てもらったらと話したけど嫌がるんよねという富士子です。

でも、じーちゃんはしぶといからねっと話す二人でした。

じーちゃんも本当におじいちゃんになっていますもんね。

優の入学式

そして4月。

優の入学式の日がやってきます。

入学式に家族写真を撮るなつ達。

優の成長を感じますね。

でも、そんな日もなつや一久は仕事に追われ、入学式が終わったらマコプロに急ぐのでした。

「大草原のソラ」は、放送から半年経ち人気アニメ番組になっていたのです。

マコプロのみんなは大忙しで次の放送に向かって仕事は山積み状態。

 

富士子と千遥が10年以上ぶりに再会

家で留守番している富士子のところに、千遥が訪ねてきました。

富士子は、千遥の子供の千夏を見て、小さいころのなつにそっくりと驚くのです。

本当に小さいなつにそっくりですよね、

千遥は、優の小学校にお祝いに料理を作ってきたのです。

たくさんのお重にはいった料理たち。

 

富士子と千遥は10年以上ぶりに再会できた喜びを噛み締める。

そして、北海道に行った際のお礼を伝える千遥でした。

富士子は、千遥が元気でいたことに本当に喜ぶのでした。

その頃、マコプロでは一久さんとなつが演出の打ち合わせ中でした。

今回のシーンは、レイが父さんに夢について話すシーン。
父さんとレイが話すシーンは、星を見ながらのシーンにしようと思う一久さん。
その星は夜明け?夜?とどっちと話すなつ。

なつは、どっちのシーンがいいのか考えているとふっと、昔自分が夜明けの光に励まされ、元気をもらったことを思いだしたのです。

あのシーンは綺麗なオレンジのシーンでしたね。

そして、なつは、その事を話し夜明けのシーンにすることが決まったのでした。

では、夜明けのシーンを風と光で表現しようという一久さん。
開拓者を励ます朝日を作ろうとみんなが打ち合わせるのです。

風景担当の洋平さんは、天陽くんと何度も夜明けを見たから覚えてる!と、嬉しそう。

ももっちも影などを担当してねと話していると、ももっちならできるよ!っと神っちがほめるのです。
忙しいのになんかいい感じねっと見てほほ笑む下山夫婦たち。

さあ、マコプロは大忙しで放送に向けて進めるのでした。

なつが家に帰ると優はもう寝て居ました。
富士子は、千遥が優のお祝に料理を持ってきてくれてと話し、残りの仕事する前に先に食べようかなっと話すなつ。
富士子は、なつに働きすぎないように心配するのでした。

お母さんは心配になりますよね、あの多忙ぶり。

でも、なつは、じーちゃんが楽しみしていることを思い作っているというのでした。
なつは、開拓者の人の想いを伝えたい。
そして、私にはそれしかできないからっと千遥の料理を食べながら話すのでした。

そして、仕事中になつは、自分が上京したいことをじーちゃんに伝えた日のことを思い出すのでした。

なつ「じーちゃんみたいに私も開拓したい」
じーちゃん「なつ、よく言った。行ってこい」っと昔を思い出すのでした。

Sponsored Link

そして、いよいよ放送の日。

なつたちも食事をしながら、柴田家のみんなもテレビの前にみんな揃っていました。

さて、アニメが始まります。

レイは、獣医になりたい!父さんと牧場もしたいけど、どうしても獣医になりたいごめん!っと話すレイなのでした。

そして、父さんは空にひときわ一番光る星の話を始めるのです。
あの光る星は、明けの明星といい、この辺りでは朝の神様なんだ。
今、お前はあの朝の神様に誓ったんだ!と父さんは言ったのでした。
そして、父さんは、よく言ったレイ!さすが自分の息子だ。行ってこい!っと送りだすのでした。
そして、朝日と風が二人を吹いたのでした。

その頃、柴田の家では、じーちゃんがなつとのことを思い出していたのでした。
きっと、なつの想いはじーちゃんに届いていた。
じーちゃんにもしっかり風が吹いたのでした。

じーちゃんの最後のあの表情は、何も言わなくても語っていましたね。

っと今回もお付き合いいただき、ありがとうございました^^

Sponsored Link