ドラマ

なつぞら第155回のあらすじネタバレ

Pocket

なつぞら第155回「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」のあらすじネタバレ

家では新しい牛舎の話を父さんと照男兄さんがしていました。

最新のパイプミルカーという最新設備のある牛舎にするとうのです。

そして急に雨が降ってきます。

昭和50年8月この年十勝は冷害水害に見舞われてたのでした。

そして牛舎の話はじーちゃんも参加し続きます。

照男兄さんは牛の数も増えるし、機械があることで重労働も削減できると話します。

しかし、莫大な設備費用がかかるのです。

組合からの補助があっても多額の借金をすることになると父さんは心配そうに言います。

しかし、照男兄さんは、じーちゃんのこの牧場を大きくするにはこれしかないと言うのです。

富士子がじーちゃんは、どう思うか聞きます。

じーちゃんは、照男の好きにしたらいい、照男が覚悟すればいいというのでした。

照男はやる気に満ち溢れます。

その晩は、嵐になりました。

じーちゃんが何かを感じ起き上がります。

電気がつきません!

停電です!!

もうすぐ7時。

搾乳する機械が停電で使えない。

搾乳は昼頃までしなくても大丈夫らしいと話す照男。

昼まで搾乳しなかったことあるの?と聞くなつ。

しばた牧場の牛たちは、そんな経験ありません。

毎日同じ時間に搾乳をしています。

照男は発電機がいつ直るか確認するとすぐの復旧は無理とのことでした。

その頃、牛舎では、牛が鳴いていました。

じーちゃんは、

「牛が鳴いている。」

「聞こえんのか!牛が鳴いてる。すぐ牛舎行け」

「牛が信用していい乳をだしてくれてるんだ。こっちの都合で待たせるな。」とじーちゃんは大声で言うのです。

「手で搾るんだ!牛を助けるんだ!」と叫びます。

そして、手の空いたみんなで牛舎に向かいます。

みんなで搾乳を始めるのです。

家族総出で搾ります。

牛嫌いなゆみこも搾乳を覚え搾乳をします。

そして、照男はアイスクリーム屋を壊し、少しでもミルクを冷やせるように大きな井戸水を張る箱を息子と作ります。

搾乳は続きます。

不器用な一久さんも一緒に手伝います。

なつは、じーちゃんの搾乳する姿を見て、微笑むのでした。

昔をも思い出しているのでしょうかね。

じーちゃんの背中が大きくもあり、今は少し小さくもなった気がしました。

やっと全頭の搾乳が終わりました。

しかし、冷やせる量には限界がありました。

「牛は、みんな助かった」

「よくやった。」と照男にじーちゃんは言うのでした。

そして、

「一番大事なのは、働くことでもない、稼ぐことでもない、牛と生きることだ。」と伝えます。

照男はきっとこのことで色々感じることがあったようですね。

嵐の翌日、なつとじーちゃんは、天陽くんの畑に行きます。

天陽くんのお父さんお母さんは、アトリエを片付けていました。

この嵐の中、天陽くんの最後の作品は無事でした。

「よかった。無事で。天陽を守れた。」とほっとするお母さんとお父さん達。

しかし、天陽くんの畑は、被害を受けていました。

奇跡的には芋は残っていました。

「天陽が守ってくれたんだ」と言うじーちゃん。

そして、畑仕事を手伝うことにする二人。

天陽くんの奥さんが、

「ありがとうございます。陽ちゃんも喜んでます。」と二人に言います。

そして、なつに、

「なっちゃんと呼んでもいいかい?」と聞くのです。

もちろん、なつは、「当たり前だべさ、やっちゃん」っとお互いを呼び合います。

この二人の距離は何か少しあったように感じていましたが、お互いを呼び合い、繋がったかのように感じますね。

なつは、「みんなで頑張るべー。」と掛け声をかけます。

そして、昔この荒地だった畑を開拓したシーンが流れます。

なつ、天陽くんも立派な開拓者ですね。

そして、この事できっとなつは、また大きな大事なものを受け継いでいったのでしょう。

あと、残すと1回。

明日の最終回。みんな笑顔で終わるといいですね。

Sponsored Link