芸能・エンタメ

メリッサジョーンハートの若い頃と現在は?インスタもチェック!

Pocket

メリッサジョーンハートさんは若い頃から現在も幅広く活躍している女優さんです。

若い頃に出演した作品をご紹介しながら現在の彼女はどのようにしているのか

気になるインスタグラムの情報もみていきましょう!

Sponsored Link

メリッサジョーンハートの若い頃は?

メリッサジョーンハートさんは映画監督・女優・プロデューサー・作家・歌手・実業家と様々な才能を持っています。

そんな彼女の若い頃の出演作品をご紹介します。

「Clarissa Explains It All」1991年~1994年

「サブリナ」1996年~2003年

「ニコルに夢中」

「フェイク・フィアンセ」2009年

「メル&ジョー 好きなのはあなたでしょ?」2010年

メリッサジョーンハートさんの代表作といえば1996年~2003年に全7シーズン大人気のドラマ「サブリナ」です。

この作品は女子高生のサブリナが16歳になった時に魔女であることを知らされたて

魔女の先輩である叔母のゼルダとヒルダ、セーレム語という言葉をしゃべる猫に助けながら魔女として修行をし活躍するというコメディドラマです。

この作品でメリッサさんは国民的女優として知られるようになりました。

日本でもNHKやCSなどで放送されて一躍人気海外ドラマになりました。

当時16歳で人気ドラマの主演ということもありメリッサさんの可愛らしさとその演技に魅了される人が多く日本でも知られる

有名な女優さんの仲間入りをしました。

メリッサジョーンハートの現在は?

気になるメリッサジョーンハートさんの現在はというとメリッサジョーンハートさんは2003年に「サブリナ」に出演したマーク・ウィルカーソンさんと結婚しました。

お相手のマーク・ウィルカーソンさんはミュージシャンでギタリストとして活動をしています。

2006年、2008年、2012年にそれぞれ3人の男の子を出産しています。

メリッサさんは女優の他に自身のファッションブランドやカルフォルニア州で「スウィートハーツ」というキャンディショップの経営や、携帯電話のクーポンを配信するウェブサイトやアプリ会社の共同経営など幅広く活動をしています。

しかし過去にはキャンディショップの元店員と訴訟トラブルがあり

順風満帆な経営とはいかなかったようです。

また女優活動の傍ら2012年から共和党の選挙活動に協力し、資金提供を行っています。

銃規制や母親へのサポートプログラムの充実などを訴える活動もしています。

メリッサジョーンハートのインスタをチェック!

メリッサさんのインスタグラムは日々の生活でリラックスした表情の様々なメリッサさんの顔が見られます。

ご家族との仲の良い写真が多く、友人との楽しそうな写真、レジャーにボランティアや自身の活動報告についても載せています。

メリッサジョーンハートの若い頃と今現在を比較してみてどうだった?

若い頃のメリッサさんは国民的女優として人気を博していましたが当時からブロンドの髪にブルーアイが美しくサブリナで人気が出なくとも彼女の綺麗さと演技力に誰もが

魅了された事でしょう。

サブリナ人気で彼女は健康的で清楚なイメージで知られていましたが、2013年、突如として暴露本を出版して周囲に衝撃を与えました。

国民的女優の裏の顔はドラッグに溺れ、パーティに明け暮れ一夜限りの関係が多く荒れ果てた生活を送っていたようです。

40代になっても昔と変わらない綺麗で可愛らしいイメージのメリッサさん

ママタレント、女優として芸能活動をしているようですが、

近年は活躍をセーブしていてあまり出演作品のような目立った活動はしていないようです。本格的に復帰をされても現役と変わらずに活動されることでしょう。

暴露本の内容に驚かされましたが、お子さんがいながら女優に実業家に活躍されていて理想の女性像として憧れますね。

Sponsored Link

まとめ

今回はメリッサジョンハートさんの若い頃と現在はどうしているのか、

インスタグラムの情報をみてきました。

ポイントをまとめると

・メリッサジョンハートさんの若い頃の代表作は「サブリナ」

サブリナで国民的女優となる。

・2003年にマークウィルカーソンさんと結婚し3人の男の子を育てている。

2013年に突如暴露本を出版し世間に衝撃を与える。

結婚後もママタレント、女優として活動をしその傍ら実業家、活動家として様々な経営に携わり、共和党の資金活動を続け母親へのサポートプロジェクトもしている。

現在は女優活動をセーブしていて大きな作品には出演されていないようで、

インスタグラムでは家族や友人との楽しそうな写真を載せている。

Sponsored Link