ドラマ

時効警察はじめましたのネタバレ感想!第1話「総武のウタマロ」

Pocket

時効警察はじめました 第1話「総武のウタマロ」

Sponsored Link

あらすじ

12年ぶりに復活!

時効になった事件を趣味で操作する男・霧山修一郎。

そんなある日、総武警察署の食堂のレイコさんに渡されたと戻ってくる。

10年前の件の遺留品を冷蔵庫に入ったままだったそうです。

それは、段ボールに「要球蔵」と書いてあり、誰かが「要冷蔵」と間違えて10年も冷蔵庫に入れたままだったそうです。

霧山君は、時効になったこの事件が気になり、捜査をすることになったのでした。

ネタバレ

時効課のみんなに要球蔵について聞くと「総武のウタマロ」と呼ばれていたことがわかった。

そして、彼の愛人は「阿修羅の水」の教祖の神沼絹江のだった。

しかし、神沼絹江は、25年前に、要球蔵の経営する水産加工工場で凍死していたのでした。

そして、ウタマロもほぼ同時刻に自宅で一酸化中毒死していた。

そのまま事件は、時効を迎えてしまったのです。

さあ、霧山君の捜査が始まります。

十文字さんは、トレンチコートを着ながら走っていまっした。

それを見る、三日月君と霧山君がそれを見ながら恒例のおひるごはんを食べていた。

彼らのごはん、なぜかいつも豪華ですよね。ランチ!!

そして、時効となったこの事件について話しだす霧山君。

25年前、凍死した神沼絹江が冷凍倉庫で死んでいるのが発見される。

監視カメラには、絹江が入っていく姿しか残っていなかった。

絹江が入った後不思議にも無人なのに手動ロックがかかっていた。

絹江は、宗教の教祖の顔の他に要球蔵の愛人でもあった。

絹江とウタマロは最初は順調だったが次第に仲は悪化、ここでウタマロが怪しく想いますが、そのほぼ同時刻にウタマロは自宅で死んでいたのだった。

お互いに疑いがありそうなのに溶けない難事件になっていた。

霧山君は絹江の娘で現在「阿修羅の水」の教祖の美沙子に会いに行くことに。

美沙子は、霧山君にやけに気がありそうな雰囲気が漂う。

そして、霧山君と美沙子の話を盗み聞きしていた、花崎氏一に気付き話を聞くことにしたのだった。

ここの花崎さんも役、六角清児さんハマり役ですよね。

そして、霧山君は花崎さんに、美沙子さんにずっと想いを寄せていたのでは??と聞くのです。

花崎さんは、美沙子さんとの過去を話しだした。

花崎さんは、この2つの事件の共犯者になったと話し始めたのだった。

霧山君は、遺留品にあったメモの番号がどうも気になっていた。

そして、25年前に絹江さんが亡くなった冷凍倉庫が取り壊されるのを知り、倉庫を見に来た。

倉庫の中には、空っぽの金庫とその上に大きな氷が置いてあった。

霧山君はとっさに氷を持って帰った。

そして、霧山君は時効課のみんなと話していた、そこで、熊本課長が会議に遅れて怒られたと言って帰った来たところだった、その理由は自分の時計が遅れて時間に間に合わなかったと話していました。

霧山君「ぎゃふん!!」謎が解けたような感じですね。この感じ!!

そして、美沙子のところに三日月君と向かいます。

そして時効について話し始めます。

この事件の共犯は、美沙子だと言う霧山君。

なぜなら、殺人を実行したのは亡くなった2人、お膳建てをしたのが美沙子だとう霧山君。

ウタマロを絹江が、絹江をウタマロが殺したのでした。

美沙子の修学旅行のお土産で生干しイカをあげるのでした。

そして、七輪によっての一酸化中毒死に見せかけるのに絶好のチャンスでした。

絹江は、ウタマロがイカを焼いてる後ろから一酸化ガスを実は入れていたのです。

 

そして、絹江が出ていくのをみて、ウタマロは家を出ていく

絹江は、その時、ウタマロの隠し財産がある会社の冷凍倉庫に入りお金を盗もうとしていた、しかし、その時、ウタマロは、ドアを外から閉め、絹江を殺してしまう。

しかし、ウタマロの姿は監視カメラに写っていない。

それは事前に監視カメラが映らない時間を調べていたからだった。

そして、ウタマロは自宅に帰りイカを焼きながら一酸化炭素中毒で亡くなってしまうのだった。
でも実際は七輪が原因でなく、絹江の仕掛けたガスでの中毒死だった。

 

全ては霧山君の想像という美沙子。

冷凍庫で霧山君が発見した、氷でした、氷の裏は美沙子の修学旅行のレシートが凍っていました。

そして、目の前で溶かして見せます。

 

メモには、監視カメラに映らない時間が書いてあったのでした。

12:34書いてありました。

ここからの3分間は監視カメラに時間が映らない時間でした。

 

しかし、メモは偽物と言う美沙子。

「時間が違っている」と言ってしまいます。

監視カメラに映るお母さんの時計は12:34、タイムカードの時計は12:33を示していました。

それでは実際は12:33なのでカメラにお母さんが映ってしまう。

その仕掛けは、美沙子が絹江の時計を1分早めはことで可能になったので
した。

 

それに納得した美沙子。

そして、お決まりの誰にもいいませんよカード3Dを霧山君は渡しました。

気になったところ

時効課の皆さん12年経つのみ全然変わっていない。

ビックリしますよね。

三日月君も霧山君コンビも変わらずですね!

気になるのは第2シーズンの最後に三日月君が霧山君に「私のことどう思ってる??」と聞いたこと、その返事はどんなことになるのか少し気になります。

 

そして、今回時効で亡くなっていた要球蔵って、前シリーズに出ていたミュウミュウちゃんじゃないですか??

その辺りも気になりますねー(笑)

 

又来さんも別人で登場してきました。

風船売ってる謎のおじさん(笑)

Sponsored Link

感想

待望の新シーズン!!

待ってましたって感じです。

本当、毎回ゲストが豪華なこのドラマ!!

今回は脚本も色々な人が参加しています。

次回は、「勇者ヨシヒコ」などで有名な福田雄一!!

楽しみです!!

今回は事件の内容が濃かったですね。

お互いを殺し合い、そして共犯者が手を下さずに殺すとは!

よく考えたなと思います。

Sponsored Link