芸能人

浜辺美波のまれ子役時代の画像は?顔が変わったけど整形?出演ドラマやCMも!

Pocket

石川県出身の19歳、透明感溢れる浜辺美波さん、子役時代と顔が変わったけど整形?という疑問に深堀してみます!

ふわ
ふわ
浜辺美波さん、第7回東宝シンデレラオーディションで、ニュージェネレーション賞を受賞したんだって!
ちっくん
ちっくん
へ~!たくさん居るメンバーの中で優勝したってなると、実力もあってのことだよね!

 

Sponsored Link

浜辺美波さんのまれ子役時代の画像は?

浜辺美波さんの朝ドラ『まれ』での役名は

桶作麻美(おけさく あさみ)という

中学二年生の女の子役でした。

登場回数3回ながらそのかわいさは当時から変わりません。

浜辺美波の顔が変わったけど整形?

浜辺美波さんは整形していないという説が有力です。

デビュー当時、浜辺美波さんは、八重歯のあるかわいい女の子でした。

しかし、八重歯があると思うように口を動かすことができないとのことで、歯並びを矯正され、現在は、八重歯のないきれいな歯になっています。

八重歯のあるキュートな浜辺美波さんもかわいいのですが、現在は大人っぽさの加わった魅力的な女性に成長しています。

整形したのではないかという疑惑もありますが、有力な説として、歯並び矯正をしたため顔が長くみえてしまっているといわれています。

浜辺美波さんの出演ドラマやCMは?

女優デビューしたのは、2011年公開の映画「アリと恋文」で主演としてデビューしていますが、初めてのドラマの出演は、2015年9月21日放送のスペシャルドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」の本間芽衣子を演じ注目されたことから始まります。

その後、2016年、小林立の人気麻雀漫画「咲ーSaki-」の実写ドラマ化作品で主人公を演じてテレビドラマ初主演を果たしました。

2018年には、河本ほむらの漫画を原作とする「賭ケグルイ」のテレビドラマ版で主演を務めるなど活躍されています。

この作品を通じて、性格面で楽しい表情を出せるようになり、明るくなったとまわりにいわれるようになったと浜辺美波さんは語っています。

CMでは、ハウス食品、JR西日本、日清食品、味の素など多くの作品に出演しています。

Sponsored Link

まとめ

天然キャラや透明感の持ち主と呼ばれる浜辺美波さん。

一度決めたら突き進む頑固な性格とかわいさによって今後さらに活躍されることが期待されています。

趣味は読書で、運動が苦手なインドアな一面があり、硬筆習字特選賞の受賞歴があり、中学では吹奏楽部でフルートを吹く女の子でした。

ドラマでは、見ることの少ない彼女ですが、一度見たら引き込まれてしまうかわいさはすごい魅力的で今後もたくさんのひとを魅了するに違いありません。

まりりん
まりりん
いかがでしたか?浜辺美波さん、とっても笑顔が素敵で上品な感じがします。これからのご活躍、期待したいですね。っと今回もお付き合いいただきありがとうございました!
Sponsored Link