ハンドメイド

水着素材マスクの評判や使用の感想は?どこで購入すればいいの?

Pocket

この記事の内容

  • 水着マスクの評判は?
  • 水着マスクのレビューは?
  • 水着マスクの購入方法は?
  • 水着マスクの作り方は?
  • 水着マスクの効果的な使い方は?
Sponsored Link

水着マスクの評判レビューは?

水着マスクの良いレビュー

  • 大きさは十分で,顔の半分が隠れるぐらい。
  • 職場での受け入れられ方も好感触
  • 表面がツルツルしていてつけ心地が良い。
  • めがねをしていても曇らない。
  • 2層のものは中にガーゼも入れられる!
  • 布マスクで肌荒れしてしまうため購入。問題なく使えています。
  • 敏感肌や肌荒れが気になる人におすすめ。

使用感に満足している人が多いようですね。

また、こういう大変な時期に水着屋さんが慣れないマスクを作ってくれていることに対する感謝のコメントも多く見られました。

水着マスクの悪いレビュー

  • 旧型と改良型で性能が違う。旧型はキツいし,苦しくて,痛い。
  • 改良型のタイミングが悪い。返品,交換も不可で対応が悪い。
  • サイズとゴムが思ったよりも小さい。

早めに旧型の購入をした人が、告知もなく改良型が出たことに対して不満のコメントをしているのが目立ちました。

サイズ感の違いや使用感の不満も少しありました。

様々な意見がありますが、筆者の個人的な考えとしては、マスク本来の目的は予防にあるはずです。

そのため、予防効果を発揮していれば、多少のサイズ感や使用感は目をつぶってもいいかなと思います。

また、レビューにもあるように先行きが分からず、色んな人が手探りで行動しているので、多少の抜けやもれに対しては、感謝の心を大切にして寛大に対応したいものです。

水着マスクのメリットとデメリットは?

水着マスクのメリット

  • 水着素材なので伸縮性がある(サイズを気にしすぎなくてもOK)
  • 繰り返し使える(中性洗剤で水洗いして乾かせばOK)
  • デザイン性がある(無地の布マスクと比べてオシャレ!)
  • 密着度が高い(顔とマスクの隙間ができにくい)

水着マスクのデメリット

  • 縮みやすい(ポリエステル素材なので繰り返し使うにつれ,縮むことがあるようです)
  • 通気性が悪い(密着度が高い分,息苦しくなることも)
  • 防塵性能はない(布マスクと違ってホコリやチリから守る力は劣るようです)

水着マスクの入手方法や価格は?

水着マスクの入手法は主に2つです。

1つ目は買う。

2つ目は作る。

水着マスクの購入方法は?

楽天市場では水着マスクは10枚入りを3280円で買えます。(4/10現在)以下は楽天市場のサイトです。

こちらのサイトでは5枚1580円です。

以下のサイトでは100枚から注文できます。

《購入》【水着マスク】TBS朝の情報番組「グッとラック!」で人気上昇!

コロナ騒動で需要が高まっているせいもあって、平常時と比べるとやや割高に感じますね。

水着マスクの作り方は?

作る場合は以下の材料を用意します。

<水着マスクの材料>
・不要な水着
・ハサミ
・マスクゴム
・安全ピン

水着以外はどれも百均で手に入るため、材料の価格としては300円程度でとても安価です!

マスクの作り方は、様々なサイトで紹介されています。

水着マスクの作り方はあまりなかったので、参考までにあったサイトを載せときますね。

水着マスクの作り方

作業時間も5~10分程度で簡単に作れるみたいです。

注意

安全ピン使用のため、最後の工程は自分で縫った方が安全です。

マスク作りはこちらのサイトもとってもお役に立ちますよ。

マスク作りに役立つサイト

この型紙を使って立体の水着マスクも作れそうですね。

Sponsored Link

まとめ

これまで水着マスクについて紹介してきました。

最後に、コロナウイルスから身を守るという根本の目的について筆者の考えを伝えたいと思います。

まず、予防について一番大切なことは「健康管理」であるということです。

いくら高性能のマスクをしてもあなた自身の体調が良くなければウイルスから身を守るのは難しくなります。

そこで、健康管理に大切な3つのポイントを紹介して終わりたいと思います。

①食事

なんと言ってもまずは食事です。

厚労省等が推奨している「食事バランスガイド」を参考に栄養バランスのよい食事をしましょう。

ここには「どんなもの」を「どれだけ」食べれば良いのかという目安が示されています。

以下は「食事バランスガイド」のサイトです。

食事バランスガイドサイト

②睡眠

次は睡眠です。

適正な睡眠時間は諸説あり、年齢や遺伝にも左右されるので一概には言えません。

ただ、一般的な成人の場合、6~7時間程度のようです。(睡眠リズムラボ)

自分にあった睡眠時間を見つけて体調を整えましょう!

③運動

厚生労働省によれば、運動の習慣がある人は死亡率や病気の頻度が低いことが明らかになっています。

運動習慣のある人とは、「週に2回、1回30分以上、1年以上」運動している人のことを指します。

自分にあった運動を選んで継続しましょう。

筆者のおすすめはランニングです!

夕飯後に家の周りを20~30分程度ジョギングすることから始めましょう。

現在、世界中のマスク不足が深刻な状況です。

この記事があなたやあなたの大切な人の役に立ったら嬉しです。

っと最後まで読んで頂き、ありがとうございました^^

Sponsored Link