俺だけレベルアップな件

俺だけレベルアップな件第10話のネタバレと感想!最弱からプレイヤーへ

俺だけレベルアップな件第10話のネタバレ・感想
Pocket

真島の裏切りにより追い詰められてしまった旬達。

 

あと一人逃げ出せば扉は閉まり全員が逃げられなくなると、最後の決断を迫られる中で、旬が選択した決断は、馬渕と観月を生かす事だった……

 

一人残る事を選んだ最弱のハンターの最後かと思いきや、事態は予測しない結果を導てしまう!

 

Sponsored Link

俺だけレベルアップな件第10話のネタバレ!最弱の決断

 

真島の逃走によって扉はさらに閉まりだし、あと僅かでも逃げ出せば、もう脱出は不可能になってしまうと、追い詰められてしまった旬達。

 

像が近づき、武器を鳴らしながら歩み続ける像を止める術はもうなく、ただここで殺されるだけかと覚悟を決めた馬渕は、旬と観月に逃げる様にと進めてきます。

 

歩けない旬を観月が担ぎ扉を潜れば逃げ出せると告げ、自分は最後のケジメを付けると、残る事を選択します。

 

自分のせいでと、ハンター達の犠牲を出した責任を取る為にリーダーとしての最後の役目を果たそうとする馬渕。

 

でも観月はもうまともに動く事すら出来ない状態でした。

 

旬の片足の傷を塞ぐ為に、魔法力を消費してしまった彼女は、もう気力も無く、立ち上がる事すら困難な程に衰弱してしまっていたのです。

 

これでは旬を助ける事が出来ないと、絶望に沈む馬渕。

 

せめて先の長い若者を助けてやりたいと願う彼の気持ちは潰れてしまったのですが、旬は、ある提案を馬渕に持ち掛けます。

 

観月を抱えて逃げて欲しい、と。

 

旬は自分が残る事を選択し、片腕でも観月なら担げると、彼女を優先してほしいと言います。

 

それにもう自分は片足が無いから、彼女を担いで逃げられないと言い、馬渕に観月を託したのです。

 

馬渕は旬の想いをくみ取り、観月を抱えて逃げる事を選択しました……

 

俺だけレベルアップな件第10話のネタバレ!最弱の終焉

 

観月は旬を置いて逃げる事は出来ませんでした……そんな彼女に魔石を渡し、これで食事をしてくれと、約束を果たせないことを謝罪します。

 

冗談をと怒る観月を気絶させた馬渕は、時間がないと言い、彼女を担ぎ、そのまま扉へと向かいました。

 

二人の背を見送りながら、その場に残った旬。

 

像が近づき、武器を抱えた数体の像は、もう止まることなく、旬へと向かってきました。

 

彼は最後に、自分が死ぬだけで良かったと呟きながら、最後の足掻きを始めようとします。

 

真島が置いて行った剣を拾い、せめて道連れをと像に構える旬ですが、振り下ろされた槍が旬の身体を貫き、そのまま身体を持ち上げられてしまいます。

 

痛みが増し、絶命までの時間はまだ残り、激痛に耐えながらも血反吐を吐き、彼は苦悶に表情を歪ませます。

 

槍に貫かれ振り上げられた身体は揺さぶられながら祭壇へと放り投げられ、旬は祭壇の上へと倒れ込んでしまいます。

 

自分が生贄になってしまったかと、旬は自分が死ぬ事を悟りますが、死にたくないと願う気持ちはまだ消えず、生きて戻りたいと願いながら、彼の意識は深い闇に沈みかけていました。

 

逃げ出した者や、後悔した者や、今までの事を想い出しながら、最後を迎えていく旬。

 

最後に見えたのは像から振り下ろされる瞬間でした。

 

俺だけレベルアップな件第10話のネタバレ!最弱からプレイヤーへ

 

武器が振り下ろされ、旬を絶命へと導く最後の攻撃が繰り出された瞬間、突然に間の抜けた音が鳴り響き、祭壇や床が青白く輝き、自分を殺そうとした像の動きは停止してしまいます。

 

そしてどこからともなく奇妙な表示が浮き出てきます。

 

それは魔法かどうかは知りませんが、お知らせと記され、シークレットクエスト・無力な者の勇気の条件をクリアしましたという、ゲームのような表示画面でした。

 

これは何だと間の抜けた声が出てしまいそうな旬は、槍で貫かれた痛みなど吹き飛んでしまい、表示された画面を呆然と見ていました。

 

誰かの悪戯かと、また死ぬ前の幻覚かと、そんな事を考える間もなく、表示画面は旬にある事を訊ねてきます。

 

それはプレイヤーになる事が可能と、プレイヤーなるか、ならないかと、二つの問いかけでした、

 

あと0、02秒で心臓は停止すると、時間制限がごくわずかな中で、決断を迫られてしまう旬は、死ななくて済むのならばと、プレイヤーになる選択を選んでしまいます。

 

そして突然に表示された画面が開き、プレイヤーになりましたと、旬がプレイヤーになったと告げ、祭壇は光りはじめていきました。

 

これは悪い夢だと思いながら神の像を見てみると、涙を流しているのを見つけ、最後に変な夢を見たと思いながら意識を沈めていく旬。

 

これが彼の最弱の最後となり、最強となる始まりでした……

 

俺だけレベルアップな件10話の感想

 

馬渕のおっさんが男を魅せた瞬間な今作……

 

真島が逃げ出した後に、せめて若い二人は逃げてくれと、おっさんながらにカッコイイ決断を下してくれた彼にエールを送りたい今回は、ダンジョンからの脱出回となり、旬の変化が注目となる内容で進んでいきます。

 

旬の決断もさることながら、馬渕のおっさんのイケメンっぷりにも注目したいと、観月と旬を助ける為に、自分が犠牲になると言い、旬を背負って逃げろと言う馬渕のおっさん。

 

最初からこんな男っぷりを魅せていたら良かったのにと、最後の最後で男を魅せてくれました。

 

しかし観月はもう体力の限界を迎え、また旬も脚を失い歩けない状態。

 

ここで旬が馬渕のおっさんに観月を連れて逃げて欲しいと切り出し、それを渋々と了承する馬渕のおっさん。

 

出逢い方が違えば、良い仲間になれたかもしれません。

 

そんな最後の男を魅せる旬。

 

観月に魔石を上げ、これで約束の食事をと、最弱の男なりの気遣いを見せながら、二人を見送り、そして槍に突かれてそのまま絶命かと思いきや、何らかの表示画面が出現と、急展開を迎えてしまいます。

 

プレイヤーになる決断を迫られ、生き残れるならばと、半信半疑でプレイヤーのなった旬は、果たして助かったのかと、気になる内容に次回は、一体どうなっているのかと、注目がいきます!

 

Sponsored Link

俺だけレベルアップな件第10話のネタバレと感想!最弱からプレイヤーへまとめ

 

微かな脱出の可能性を込め、観月と旬を生かそうとする馬渕……

 

責任をとってここに残ると告げるも、もう歩く事の出来ない観月を救う事が出来るのは馬渕だけ。

 

託された観月を背負い、部屋から抜け出した馬渕を見送り、最後の時を迎える旬。

 

しかし彼は死なず、ある決断を迫られてしまう。

 

プレイヤーになるかと問われ、彼が下した決断とは?

うれしいお知らせ

俺レべファンの皆さんに嬉しいお知らせです^^
U-NEXTにて俺レべ漫画が1巻~4巻まで読めるようになりました♪
今なら無料登録すると600ポイントが貰えますのでお得に読めます。

Sponsored Link